タイタンFXは高いレバレッジとゼロカットシステムが魅力

最近日本で話題なっている海外FX業者の1つにTAITANFX(タイタンFX)があります。

タイタンFXは国内の業者ではありませんので、で最大レバレッジが500倍に設定されている点が最も魅力的な部分です。

日本国内のFX業者は、日本国内の法令にしたがって最大レバレッジが25倍に設定されているため、大きなトレンドが発生して勝負にいったとしても、獲得できる利益額が限られます。

その点、タイタンFXの場合は、レバレッジ500倍までポジションを持つことができますから、トレンドに乗れたときの獲得利益は膨大です。

具体的な金額で例を示しますと、ドル円の通貨ペアで、1ドル110円のときに買いポジションを持ち、1ドル114円のときに利益確定したとします。証拠金として100万円を口座に入金しておき、ほぼレバレッジ1倍で1万通貨の買いポジションを持った場合には、利益は約4万円にすぎません。

そして、日本国内のFX業者を利用して、レバレッジ20倍にして20万通貨の買いポジションを持った場合には、利益は80万円となります。さらには、タイタンFXを利用して、レバレッジ200倍で200万通貨の買いポジションを持った場合には、利益は800万円となるのです。

この例だけを見ても、高いレバレッジでポジションを持てることの資金効率の良さを認識できるのではないでしょうか。(もちろんマイナスになるスピードも速いので、そこはしっかりとトレンドを見極める能力が必要になってきます。)

ゼロカットシステムがあり安心してトレードできる

タイタンFXのもうひとつの魅力は、ゼロカットシステムの仕組みがあることです。FXの場合は、高いレバレッジで取引をすることが可能です。

例えばドル円の通貨ペアで、高いレバレッジで買いポジションを持ったところ、予想に反して円高に動いてしまった場合は、すぐにロスカット水準に達してしまいますし、場合によっては追加証拠金の入金を求められてしまいます。

ドル円の買いポジションをレバレッジ200倍でポジションを持った場合には、0.5%逆方向に相場が動いてしまうだけで証拠金が消失してしまうのです。

しかしタイタンFXの場合は、「ZeroPointテクノロジー」の導入により、相場が逆方向に大きく動いた場合でも、迅速に自動的にロスカットを行い、口座残高がゼロ円となることを防止してくれます。

そして、万が一、リーマンショックやスイスフランショックなどの急激な値動きでインターバンクの注文が間に合わず、口座残高がマイナスとなってしまった場合でも、タイタンFXでは顧客に対して追加証拠金を入金するよう請求することはありません。

口座のマイナス残高をゼロリセットしてくれるのです。このシステムは国内のFX業者にはなく、国内のFX業者では最悪「追証」といってマイナスになった場合も、追加で支払う必要がありますが、タイタンFXでは、このマイナス分を負担してくれるという、顧客目線に立ったサービスを展開しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です