流動性のある相場・ない相場について

ビットコインの相場が乱高下するたびに気になるのが市場に流動性が確保されているのかどうかという問題です。

金利や利益だけを確保することを主たる目的として市場に多くのプレーヤーが参入してくる市場では、買いが集まっているときは問題ないのですが、一旦売り相場になってしまいますと、買い手がいない市場となってしまうため、売るに売れないという非常に厳しい展開に追い込まれることがあり、相当な注意が必要となります。

ジャンク債市場などでも同様のリスクが発生

価格が上昇しているときには市場参加者のほとんどが買いで入っている商品は何も問題ないわけですが、一旦売りがかさんでしまいますと市場で買いを入れる人間がいなくなることからいきなり流動性が枯渇し始めることになり、相場は大きく下落する状況を示現することになるのです。

とくに米国のジャンク債、いわゆるハイイールドボンドの場合には、売りが殺到してしまいますと価格が下がるだけではなく売るに売れない、つまり値がつかない状態になってしまい、流動性パニックが発生することになります。

これは、為替の世界でもトルコリラ円などにもみられる光景であり、市場参加者のほとんどが買いもちをしていることから売りがではじめて多くのロング保持者が反対売買を行うと値がつかない状態になってしまうのです。

ビットコインは下値で買い手がいるのでまだ大丈夫

ビットコインの場合も流動性パニックをおこして最高値を更新したにも関わらず、売りがでると市場参加者の多くが心配して追随して売りを出すことから短時間で思いのほか価格が下落することがありますが、それでも安値ではいまのところ買いを入れる向きも存在するため、暴落と上昇を繰り返すというかなりやりにくい相場展開に直面することになります。

不動産価格などを考えてみるとわかりますが、2億、3億で買った物件でも買い手が不在ならば投げ売りがはじまり、それでも売れないという厳しい状況に直面するのと同じことが金融市場でもありうるということについては相当事前から認識しておく必要があります。

為替の場合には実需が存在するために一応のフェアバリューというものがあり、クロス円などの架空通貨でなければ暴落するといって価値がなくなることはありませんが、仮想通貨についてはそのフェアバリューが実にはっきりしませんし、そもそも実需が存在していない中で売買をしているわけですから下落しはじめると通常の金融商品では見られないような流動性パニックを引き起こすリスクを持っていることはしっかり認識しておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です