マイニングでビットコインの儲けをとるという動き

ビットコインはここのところ短時間にえらく上昇することから、メディアで取り上げられることも多くなっており、株式市場からも資金が流れ込もうとしているようです。

またCMEが正式にビットコインの先物市場の上場を認められたことからいよいよ相場の規模も大きくなりそうで、さらに巨額の資金がこの市場に流れ込もうとしています。

ただ、価格のボラティリティはとにかくFXの比ではなく、レバレッジをかけて売買するような代物でないことも確かであり、そうやってビットコインで安全に利益を上げるかは個人投資家にとっても大きな課題になってきています。

そんななかでマイニングに注目する個人投資家が増えていることが改めて注目されてきています。

専用のマイニングマシンが飛ぶように売れるご時世

最近アマゾンなどをご覧になったかたは既にお気づきかとも思いますが、このビットコインのマイニングは通常のPCなどで行うのは非常に効率が悪いことから専用のマイニングマシンを利用して採掘をするケースが増えています。

それに伴ってアマゾンのサイト内でもこしたビットコイン採掘機という商品が販売されるようになっており、品切れが続出しているのです。

もちろん特別なCPUを実装した装置ですが、ソフトウエアはまた別に必要になるもので、簡単に100万を超えるような費用を投じてビットコインのマイニングに勤しむ個人投資家が非常に増えている状況にあるようです。

確かにビットコインをマイニングの謝礼として受け取ることができれば、コストはかかっていますが市中で購入して損失がでるのとは大きくことなるものになります。

こちらに力を入れようとする投資家が増えることはうなずけますが、それでもコストと手間は相当かかることになるようで、個人が揃えるレベルで本当にマイニングができるのかという問題も起きつつあるようです。

クラウドを使ったサービスも登場

そこで登場したのがクラウドサービスを利用してマイニングを行うというもので専用のサービス提供業者が登場して話題になっています。

このサービスプロバイダーの一社であるGenesis Miningは既に日本語のホームページを用意しており、プロが利用するサービスをクレジットカート一枚で簡単に利用してマイニングができるようになっています。

ハードウエアは既に稼働中ですから金さえはらえばマイニングを行うことができ、ビットコイン委売の仮想通貨のマイニングも可能にしています。

スタータープログラムで1時間50ドル弱、1000時間稼働させると819ドルなどというプログラムも用意されており、どれも2年間契約で稼働が可能なようです。

まあこう考えますと結構まとまった資金を投入することになるので果たして安定的にペイするかどうかはまさに仮想通貨の価格次第のところもありますが、通常のFXなどでは考えられないアプローチも用意されているのはなかなか興味深い状況といえそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です