仮想通貨の価値がゼロになるとき

今日は、今世界中で話題になっている仮想通貨について思うことを書いていきたいと思います。今、ビットコインを始めとする仮想通貨はバブルの状態です。これが将来的にどのような値動きをするのか非常に注視しております。

仮想通貨は株式に近い商品といえる

相変わらず日常的に価格の上げ下げが激しい仮想通貨ですが、この仮想通貨はどこの国の通貨当局からもギャランディされていないわけですから、あくまで足元の需給で上げたり下げたりしているだけですから、言ってみれば株式に近い商品であることを認識しなくてはなりません。

絶対的価値が保証されていないのでゼロになるリスクも

ビットコインをはじめとするこの仮想通貨は日常的な消費における決済通貨としても使えないことはありません。

現状では通販サイトで50件強、通常の物販サイトでも200軒程度はビットコインでの決済に利用が可能になっています。

クレジットカードのなどと違って、わざわざビットコインを購入するなりビットコインチャージのできデビッドカードを用意して、手数料を払ってビットコインに転換し、さらに決済にまた手数料を支払う意味がどこにあるのかといわれるとかなり「お寒い状況」であることがいまさらながらに理解できます。

また今日は89万円、先週日曜日午前中は72万で午後は60万などという価値の変遷では、10万円でビットコインを購入して値上がりした保有者ならそれなりに我慢ができるのかもしれませんが、普通は決済通貨としての機能はほとんど果たしていないことがわかります。

流動性パニックになれば価値ゼロも十分にありうる

足元では騰貴を目的とした連中が複数の仮想通貨間に資金を移動しては上げたり下げたりの仕掛け売買を繰り返しているようですが、一般的にここまでボラティリティがある相場ではたまたま儲かることはあっても買っても売っても損失を被る可能性が高く、博打効果以外でまともな投資とはほとんど言えない状況が続いています。

しかも特定の国の通貨であればどれだけその価値が失われてもゼロになることはありえないわけですが、ビットコインのような商品の場合絶対価値が定義されていないだけに需給次第、つまり市場のほぼ全員が売りに回ってしまうと価値は失われ限りなくゼロになるリスクは常につきまとっていることを忘れてはなりません。

また分裂騒ぎにみられるような決済能力の問題は通常のローカルカレンシーを使った決済や送金にはありえない事態であり、コンセプトとしてのブロックチェーンは極めて安全ではあるものの、それがビットコインの絶対価値を維持できるのかどうかはかなり疑問な状況です。

とくに取引所との取引は要するに相対取引でしかなくFXの店頭取引に極めて近いわけですから、取引業者が破綻すればそれでお仕舞いということにもなりかねず、実態を見れば見るほど首をかしげたくなる状況です。

今ビットコインの取引をするということはこういうバックグラウンドの上で行っているということを十分に理解する必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です