あらためて仮想通貨の税金について考える

前回の更新からだいぶ時間があいてしまいましたが、久しぶりに仮想通貨の話題について。確定申告の時期ですのであらためて仮想通貨の税金について考えています。

国税庁から仮想通貨による利益に関する税金の考えたというものが発表されました。

それによると仮想通貨によって得た利益はすべて雑所得扱いとなり、しかもFXのように申告分離課税ではなく総合課税となるという内容です。

総合課税ですので、これはつまり「海外FXの税金」と同じ扱いになるということですね。

これにより既存の給与所得の上に加算される形になるため、国内のFXよりもかなり不利な税制になることが明確となったわけです。内容を概観しますと次のようなものになります。

売買益は当然所得として課税

当たり前のことですが売買益はすべて所得としてみなされます。たとえば100万円で購入して180万で売れれば差額はすべて利益として申告することになります。

価格上昇時に物品購入で決済した場合も利益部分は所得

また価格が上昇したときに商品購入で決済した場合も決済部分の利益に課税されるとのことです。

たとえば100万円で購入したビットコインが180万になったときに0.1BTCで商品を購入して18万円分を支払った場合には8万円分が所得として課税されることになるわけです。

残りは実現益にはなっていませんので売却しないかぎりは課税対象にはなりません。

分裂、分岐で無償で得た分は取得時の時価で所得税支払い

ビットコインなどの場合には分裂や分岐といったケースに無償で新たなコインが支給されることがありますが、これももらった段階での時価で所得税が発生することになります。

マイニングも当然課税対象

マイニングなどで報酬としてコインを受け取った場合もやはり取得時の時価に対して所得税が発生します。ただしマイニングにはかかった機材や電気代などがコストとして計上することが認められるようです。

こうしてみますとビットコインを取得して利益がでたらどんなものでもすべて課税対象になるということがお分かりいただけると思います。

ただし雑所得ですから給与所得者として年末調整を出していて、ほかに20万円以上の雑所得がないときにはビットコインでそれ以下の利益がでても申告の必要はないというお目こぼしがあります。
逆に損失が出たときには、何も損益通算する材料はありませんから、損は損として受け止めるしかない状況です。

果たしてこの税制がいいのか悪いのかはわかりませんが、もともと収入の多い方は全体として税金を支払う金額が割り増しになるので、この売買自体では節税の道はほとんどなさそうです。

昨年はかなり仮想通貨で儲かった方もいらっしゃると思いますが、来年以降は果たして本当に儲かるのかどうかが非常に気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です