ビットコインの価格推移にアノマリーはあるのか

仮想通貨の場合あまり季節性は取引価格と関係ないという話が聞かれることが多いものですが、実はそれでも結構特定月だけ価格が下落するといケースは存在するようで、取引量のもっとも多いビットコインに関しては、8月がどうしても価格の下落しやすい月であるというアノマリーが存在しているようです。

もともとビットコインに限らず金融商品というのは8月の時期は夏安みに入ることから市場参加者が減少することから価格が下落しやすくなるというアノマリーは結構存在する様で米国では株式市場が8月低迷しやすくなりますし、豪ドルも価格がなぜか低下しやすい、ドル円は円高になりやすいといったアノマリーが確認されています。

ただ、こうしたアノマリーは絶対に起きるというわけではありませんから、とにかくそういう噂だけで取引するのはかなり気を付けたほうがいい状況にあることもまた事実です。

月ごとの価格推移でいいますと、あくまでこれまでの結果によるものだけですが、3月、1月、8月は価格が低迷しやすく、中でも8月は断トツに下落しやすい状況になることがわかっています。逆に非常に価格に延びがでるのが4月、12月、10月、5月といったところで確かにこれまでの価格上昇を思い起こすとこの月辺りの価格の上昇率が高かったことが思い浮かぶところです。

ただ、実需の決済通貨として機能しているわけではありませんし、特定月に送金が重なるというものでもありませんから、法定通貨のように理由がはっきりと存在しているかと言われるとまったくよくわからないのが実情です。

そもそもこのアノマリーというのは我々が気づいていないだけで本当は何等かの理由があって価格が形成されている可能性は高そうで、どこかに本当に事実が隠れているのかも知れません。

すでに8月相場はスタートしていますが、ここからのビットコインの動きが8月後半に向けて本当に沈みこむことになるのか、あまり関係なく推移するのかについてはじっくり観察していきたいところです。

ところでほかの仮想通貨もビットコインの価格につられて下落するといったことはあるようですが、個別に季節や月のアノマリーで下落するということは確認されていません。

さすがにこればかりは肌で感じるしかないのが実情ですが、鋭いウォッチャーはなにかしらのアノマリーをすでに感じ取って取引に生かしている可能性は十分にありそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です